三和ボディーショップ

神戸市の鈑金塗装・キズ修理なら
鈑金塗装専門店「三和ボディーショップ」へ

0120383078

軽自動車のキズ・へこみから大破した保険事故修理まで

年間1,500台の鈑金修理実績を誇る三和ボディーショップ
軽自動車から輸入車の鈑金塗装まで、多くの修理実績のある三和ボディーショップにご相談ください

 

三和ボディーショップでは、軽自動車のキズ・へこみやから高級輸入車の大破修理まで、リーズナブルに直す鈑金修理から、高級車の修理まで全てに対応できる実績と実力のある鈑金修理工場です
修理事例

何とか安く修理してくれませんか!?

アクア赤 左側面修理
駐車場を出るときに、ブロックを巻き込んでぶつけてしまった関谷さま「何とか安く修理してくれないか?」と相談がありました

ショッピングモールの駐車場から出る際に、縁石のブロックに気づかずぶつけてしまった神戸市にお住まいの関谷さま。「なんとか安くならないか?」とインターネットを検索して当社に修理相談して頂きました。最初はクルマを買ったディーラーへ相談に行ったそうですが、購入を担当した営業マンとサービス担当者は、クルマをよく確認ぜず、すべての部品を「交換」する前提で修理見積もりを提示してきたとのこと。一度は修理に同意した関谷さん。「なんとか安く修理できないか?」とインターネットで私たちにご連絡を頂きました。

アクア修理事例

ステップのキズを交換せずに鈑金することで修理費をリーズナブルに行います。

ホームページから修理相談を頂いた関谷さんのお車の写真を見た見積り担当の徳永は、部品交換せずに修理できるのではないかと考え、一度ご来店頂き直接クルマを見せて頂くお願いをしました。お約束頂いた当日、鈑金修理鈑金担当の「尾上 令眞(おのえ りょうま) 」とクルマを拝見させて頂き、これなら交換せずに鈑金修理でいけると確信、お客さまにその旨お話しさせて頂きました。我々は、別の視点でも交換するべきではないと考えていることをお伝えしました。

アクア修理事例

ドアのキズは確実に鈑金修理を行い再利用します

アクア修理事例

専用の塗装ブースできれいに再塗装を実施しました

安易に交換すると修復歴車となるという事実

あまりディラーはお客さまにお伝えしないのですが、安易にパネルを交換してしまうと、修復歴車「いわゆる事故車」となってしまい、将来の売却価格に影響します。今回修理が必要なサイドステップは、鈑金が大変だからと安易に交換してしまうと「修復歴車」となってしまう箇所です。私たちは、サイドステップを鈑金することで修理金額を抑えつつ、将来の査定額が安くならないよう提案させて頂きました。ドアとサイドステップの鈑金修理、再塗装で見積もりを行うと、関谷さんも修理金額にご納得いただき、そのまま入庫となりました。

今回の修理のキモはサイドステップの鈑金修理です。ディーラーで交換と言われたサイドステップですが、しっかり鈑金させて頂き、交換せずに修理を完了することができました。部品交換せずに鈑金修理することで、将来の査定額に影響することの無いようキレイに仕上げて塗装を行ないました。

1週間ほどお預かりさせていただきましたが、納車の時にお客さんが仰った「三和ボディさんに頼んでよかった!今度もお願いします!」というお言葉は、スタッフ一同とても嬉しいものでした。鈑金専門工場ならではの修理提案ができたことを嬉しく思います。

アクア修理事例

サイドステップを交換せずに修理することで「修復歴車」扱いも回避できました

自動車保険料金が上がるのを避けて何とか安く直して欲しい!

MPV左スライドドア&リヤフェンダー修理

MPVのお客さまは、当社で自動車保険に加入していただいている顧客です。免許を取得してまもなくになるご子息が運転中、単独事故でクルマをぶつけてしまいました。

「息子がクルマをぶつけたので見て欲しい」と、お母様からご相談を頂き、ご来店頂きました。お客さまのご要望は、車両保険を使うと保険料が上がってしまうので、保険を使わなくても良いくらいの金額で修理することはできないでしょうか?」というご相談です。

ちなみに、通常通りに修理を行うと、左スライドドアとリヤフェンダーを交換、リヤバンパーも補修を行う修理で50万円近い修理が見込まれる損傷です。本来であれば、自動車保険を利用してキレイに直すほうが、今後の売却や修理後の満足度のことも考えると良いだろうと思いその旨ご提案を行ないました。一方、お客さまの要望は「修理はそこそこ、できるだけ安く修理して欲しい」という要望です。このような修理は、ディーラーだと断られるかもしれません。

MPV修理事例

左部が大きく損傷しています

何よりお客さんの要望は「安く修理をすること」をお望みでした。私たちは、鈑金塗装のプロフェッショナルです。キレイに修理をすることも安く修理をすることも、両方ともできるのが強みです。お客さんのご要望を叶えるため、いかに安く修理ができるか?を考えることにしました。お客さんの修理予算の上限は25万円です。50万円近い修理金額のクルマを半額で行わなければなりません。

MPV修理事例

スライドドアは大きく損傷しており交換が必要です

MPV修理事例

今回スライドドアを中古品を調達して修理を行いました

そのため、左のスライドドアは中古部品で交換します。中古部品の業者を何社か調べ、元の状態が良くあまり手を入れなくても良いドアを探し出しました。MPVに合う部品は見つかりましたが、同色ではありませんでしたが、再塗装を行うことにしました。

スライドドアのキズもひどく、本来は交換する必要がありますが、鈑金職人と相談して、今回は鈑金作業を行ないます。本来、交換すべき部品を鈑金するということは、そのぶん時間がかかります。時間がかかると作業工賃も上がることになるので、鈑金する意味がありません。他の鈑金工場は「鈑金すると時間がかかり、交換の方が安い」とお客さんを説得して交換を促します。しかし私は、三和ボディーショップの鈑金部門のエース「尾上 令眞(おのえ りょうま)」に作業を託しました。「尾上」は如何に早く修理をするかを考え、集中して鈑金修理を行なってくれました。結果、通常の工賃の範囲で鈑金修理を行うことができたのです。

リーズナブルに修理を行うため、お客さまにはリヤバンパーの修理を諦めて頂きました。リヤバンパーは塗装を行わない代わりに、ドアとフェンダーを塗装する際に調色した塗料でタッチアップ塗装を行うことにしました。さらにサービスで、ドアの周りや細かいキズがあるところも、同じ色で部分補修を行い、鈑金塗装作業を仕上げました。

引取時は、息子さんとお母様が一緒にご来店されました。運転者さんである息子さんは、ショックでクルマを見るのも嫌だったそうですが、キレイに修理されたクルマを見て本当に喜んでいました。今回、自動車保険を使わず、自費修理をご選択された息子さん、修理費を建て替えられたご両親に分割で払われるようです。大変ですが、アルバイトでコツコツお支払いされるとのこと。今後は気をつけて運転してくださいね!と送り出しました。

MPV修理事例

中古品や鈑金修理の技術を活かし、きれいに修理することができました

再塗装で、修理したことがわからなくなりますか?

BMW320iホワイト左ドア修理
「クルマをぶつけてしまったので、修理できるか見て欲しい」というご相談がありました

見積もり担当の徳永が会社で仕事をしていると、「クルマをぶつけてしまったので、修理できるか見て欲しい」と、お電話がありました。神戸市にお住まいのBMW320iオーナーさん、お電話でお話しを伺うと、駐車場で助手席のドアを開けた所、何かにぶつけてしまった」ということでした。お近くにお住まいのお客さまなので、クルマを見せて欲しいとお願いしたところ、その日のうちにご来店頂きました。

あらためて修理箇所を見ると、左ドアのプレスラインに、削ったような跡とヘコみがありました。私が見る限りでは、ドア交換の必要は無く、凹み箇所の鈑金とドアの再塗装で済みそうです。お客さまのご希望は「大事にしているので修理したことがわからないようキレイに修理して欲しい」ということでした。

BMW320i修理事例

「塗ったことがわからないように修理したい」とご相談頂きました

 

そこで私は、お客さまを工場へご案内して、実際にBMWから認定されている塗装ブースやメーカー指定の機材、塗料設備等をひと通りご説明して、修理のクオリティーに全く問題がないことをご説明して、塗装担当者を紹介しました。作業する塗装担当者とお話しされたお客さまは、とても安心され「ここなら安心ですね!」と仰って頂きました。

最終的に、フロントドアを鈑金修理してドアを塗装、再使用の難しいドアモールを1つ交換させて頂くご説明を行ない、ご了承頂きました。修理期間は5日間をお願いしました。その場で修理見積もりをお伝えしたところ「修理お願いします!」とそのまま入庫となりました。代車も空きがあったため、お客さんにはそのまま代車に乗って帰って頂く形となりました。

BMW320i修理事例

BMW認定の職人が正規の手順で鈑金修理を行います

BMW320i修理事例

鈑金修理完了後は塗装専用エリアで再塗装を行います

国産車とBMWの鈑金塗装の違いとは?

我々は、BMW専用のパテと輸入車専用の水性塗装を使って修理を行っています。他店では、国産車もBMWも、同じ汎用パテを使って修理している所があるようです。私たちは、BMW指定の専用パテを使っています。専用パテの特徴は、輸入車の外板パネルに対しての密着性が高く、熱を与えても変化することなく経年劣化に耐えうる材質です。汎用パテを輸入車に使用すると、年数が経つと修理箇所のフチが目立ってきたり、修理したことがわかってしまう場合があります。その点、専用パテはBMWを始めとした輸入車のパネルと相性が良く、経年劣化に強い特徴があります。私たちは、メーカー指定の専用パテを必ず使うようにしています。

塗装に関しても同様にメーカー指定の決まりがあります。BMW指定の水性塗装を使い、車種専用に調色を行ない、BMW修理を担当する塗装職人が再塗装を行ないます。BMWの修理の際には、入庫前に必ず確認しておかないとならない必須条件です。

今回の修理はドア1枚を全塗装することとしました。修理費を抑えるためには、部分塗装を行う選択肢もありましたが、ドア中央の凹みだったため、塗装箇所がわかってしまう可能性があり、ドア1枚を塗装する方が確実にキレイになると判断しておすすめしました。

調色も、BMW専用の塗装担当者が行ない、他のパネルとの色味を調色して、正に「塗ったことがわからない」ようキレイに塗装修理を行ないました。当初のお約束通り、直したことがわからない状態に仕上がりました。お引取に来たお客さんも「塗ったことがわからないですね!」と喜んで頂けました。

ちなみに、修理金額ですが、仮にディーラーさんにこの修理を依頼するとそれなりの修理費用になると思いますが、鈑金修理工場に直接ご来店頂いたことでリーズナブルに修理することができたと喜んで頂きました。

BMW320i修理事例

「塗ったことがわからないですね!」とお喜びいただけました

トランクの交換だけで本当に40万円もするのですか?

メルセデスS400リヤゲートパネル交換(中古)

バック中に駐車場の側面にぶつけてしまったメルセデスのお客さま、神戸市のお客さまのご自宅までお引取りに伺いました。

ディーラーに相談に行った所、総額45万円もの修理費用になるということで、私たちに修理相談を頂きました。実は、このメルセデス・ベンツのトランクパネルは、アルミ製です。アルミの場合は鈑金修理ができません。そのため、今回のような凹みの場合は、残念ながら選択肢が交換しか無いのが現実です。

ちなみに、新品パネルに交換した場合は、部品代だけで20万円を超えるような高額パネルです。輸入車専門の中古パーツ業者に部品を確認、今回は中古パネルで修理することにしました。新品修理の場合はリヤのトランクパネルを交換するだけで40万円近い修理費になるところ、全く同じ見た目で20万円くらいの修理費で収まりました。

メルセデスS400修理事例

トランクをブツケてしまったお客様。まさかそんなに修理費がかかるとは・・

メルセデスS400修理事例

中古部品でもしっかり下地処理を行い塗装を待ちます

メルセデスS400修理事例

メルセデス専門の塗装担当者が再塗装を行います

メルセデス・ベンツなどの高級車の場合、ちょっとぶつけただけでも莫大な修理費用になることが多く、ディーラーに相談に行ってはじめて驚かれるケースがほとんどです。最近の輸入車ディーラーは、鈑金修理工場を自社で所有せず、ほとんどが外注です。そのため大きな値引きもできず、顧客に寄り添った修理相談がされない傾向にあります。私たちは、ディーラーが外注修理に出す先の修理業者です。

鈑金塗装業界というのは、基本的に下請け構造です。ディーラーや自動車販売店がお客さんから鈑金修理の依頼を請けると、その修理を下請けの鈑金修理工場が請け負います。三和ボディーショップでは、個人のお客さまも、ディーラーと同じ下請価格で修理します。毎月100台以上の修理台数を誇る三和ボディーショップだからこそ出来る統一価格で修理します。

メルセデスS400修理事例

中古パーツを活用してリーズナブルに修理できました

鈑金見積もりは、100台の事故があれば修理方法は100通りあるものです。「クルマを買ったところだから」という理由だけで購入先に修理を依頼するのではなく、幾つかの修理工場に相談してみると、また違った視点や異なるアプローチで修理の相談を聞いてくれるお店が見つかると思います。自動車のキズ・へこみの修理で「どこにお願いしようか?」とお悩みの場合は、神戸市西区の三和ボディーショップへご相談ください。きっとあなたの悩みを解決できると思います。
鈑金塗装WEB見積もり
鈑金塗装相談予約
0120383078
修理事例

PAGE TOP